巨根 得したこと

やっぱり女性からは熱視線?得したこととは?

一度経験すると女性はやっぱり離れない

顔やスタイルが良かったり、背が高かったり、お洒落だったりと同様に、巨根で得したことが山ほどあるという男性は多くいるでしょう。

あまり多くは語られない物のデカチンのメリットとなる特徴の一つです。

その反面で、小さくて損をしてしまったり悲しい思いをしてしまった方もいます。

得をした体験とは一体どのようなものなのでしょうか?

ブサイクでもOK!大きくて一番得したこと

コンパや飲み会で弄られるとかなり得する

アソコの大きさで悩んでいる方は多いですが、しかし、大部分の方はたとえ比較して小さかったとしても性行為をすることはできるため特に得したこととなはならなくても問題はありません。

けれども、最近はマイクロペニスという症状があることが研究で分かりました。

これは男性がとても小さくなってしまうことです。

陰茎というのはホルモンが作用することによって成長します。

色々な理由によって男性ホルモンの働きが抑制されてしまうとどうしても小さなトラブル生じてしまうのです。

たとえば、成人が勃起してる状態での大きさが5センチ以下の時にはマイクロペニスである可能性がかなり高いです。

メリットはなくマイクロペニスが生じる理由として近年は女性化が進行していることが話題となっています。

男性らしくなるためにはホルモンがきちんと働かなければいけないのですが、ホルモンが働かず女性ホルモン優位な状態となってしまうため、これはアソコが上手く成長できないのです。

特に成長期の男の子の場合は、ホルモンがその時期にきちんと作用しないと、メリットで得することのないケースがデカチンにならないままとなってしまいます。

巨根とは正反対のまるで子供のようなものを持ったケースは少なからず存在するのです。

噂が広まって得したことは女性の見る目が変わる

仲間内でも話が盛られれば興味が出る?

たとえこの機能として問題がなかったとしても、得をしたかどうかよりも本人の自尊心の問題として苦しんでしまうことは多いでしょう。

また、小さいために尿を出す際や精子を出すための機能に支障が出てしまうこともあります。

この場合は病院で診断をしてきちんと治療をしてもらうべきでしょう。

治療方法としては、ホルモンを投与することが基本となります。

男性ホルモンの働きによってデカチンへの成長が促進されるのです。

また、元々のアソコのサイズが小さくなかったとしても、興奮して勃起する時にあまり大きくならなくて悩んでいる方もいます。

この際は通常の機能が上手く働いていない可能性があります。

一応、それなりに固くなったり、多少膨張はしていたとしてもです。 完全に大きくなった状態となっていないならば、メリットがある巨根はそれは何らかの原因によって勃起障害となっている可能性があるのです。

もちろん、完全な状態で仮にできなかったとしても、日常生活で支障はないでしょう。

射精ができるならば、子作りにも支障はありません。

しかし、大事なペニスがあまり大きくならず小さい状態が続くならば、本人が納得できないことが多いでしょう。

ひょっとしたら、得したかはパートナーである女性の方も不満を抱えるかもしれません。

男性同士でも得したことが?尊敬や羨望の眼差しがある

男性同士でもどうしてもお風呂やサウナでは比較してしまう

得をするかどうかの以前の問題で、勃起障害となってしまった暁には病院へ行けば色々な治療を受けられます。

勃起障害は何らかの病気の結果として引き起こされている可能性があるため、まずは検査を受けます。

たとえば、高血圧や糖尿病の副作用としての機能に異常が生じることはあるのです。

この場合は内科で適切な治療を受けることで症状が回復すれば、今後またできるようになるでしょう。

特に病気が見つからない時は生活習慣を改善します。

禁煙をして、適度に運動をして、得する巨根になるにはバランスの良い食生活をメリットをここから産むためには心がけるのです。

さらに薬物療法を検討しますと、バイアグラやシアリスといった薬があり、これによって普段は正常にできるようになります。

これらの薬は阻害している要因を取り除くための薬であり、性的に興奮できるようになる薬ではないため勘違いしないでください。

そのため、バイアグラを飲んだからといって急にするわけではありません。

性的な興奮が引き金となって、きちんとペニスの先端に血流が達するようになることです。

バイアグラをはじめとする勃起不全治療薬は引き起こされる過程を阻害しているものを取り除き、スムーズにできるように促すのです。

得となるかどうかはわかりませんが、薬は高い有効性が認められています。

心理的な原因によって勃起障害となっている場合もあり、その際はカウンセリングをしながら、心を癒していき、傷やトラウマなどを取り除くことが必要です。