巨根 ギネス

実は困っている男性も多い!ギネス級の大きさとは

それを受け入れてくれる女性がいないギネスクラス

世の中にはやはり不思議なことも沢山ありますが、その中でもギネス級の巨根は色々な意味で男女ともに興味があるものでしょう。

どれくらいの長さがあるのか、または、どれくらいのレベルの太さなのかは実際に見ることがないので気になるものです。

また、いくらデカチンのギネス記録と言ってもオフィシャルなものでないものもあります。 これが日本では特にこのジャンルは申請している男性も少ないでしょうから、これを塗り替えるようなサイズはまだまだ眠っているでしょう。

見るだけで満足のギネス級の立派なもの

興味はあっても実際の経験はギネス級は嫌?

テレビや雑誌などで話題になったことがあるため知っている方が多いかもしれませんが、指の長さによって長さが分かるという説があります。

たとえば、韓国の医師のデカチンの発表によると、人差し指と薬指の比から推測することができるとされています。

これは実際に多くの男性の手とアソコを測定して得られた推論です。

薬指の方が人差し指よりも長くて、その比が大きいほどのサイズもギネス程ではなくても長くなるとされています。

つまり、簡単にいえば薬指の長い人はペニスもやはり長いということになります。

これによって、たとえば相手の長さを見るだけで長さまで分かってしまいます。

この巨根の研究を裏付けるような報告もされています。

それはイギリスの研究者が発表した薬指はホルモンの影響によって長さが左右されるという説です。

テストステロンの影響を受けて長くなりやすく、特にそのレベルで影響が強いのが薬指であるという報告がされました。

また、別の研究者は、生殖器は共通の遺伝子によって作られているためです。 生殖器の長さが比例するのは当たり前だと主張しています。

薬指というのは他と比べて動かしにくく、この手はかなり生殖機能が高いことを示すための飾りであるという分析もされています。

ギネスと言い、この説が絶対に正しいという確証はありませんが、きちんと時間を掛けて考えてみる価値のある説だといえるでしょう。

世界レベルのギネスではでなく日本の記録は?

世界的には日本はギネスには長さは届かない

顔の鼻の大きさとの大きさの関係もありますが、昔から雑誌でも大きさを予想するための方法は考えられてきました。

その1つとして、鼻の大きさを見ることで大きさが分かるという説があります。

これは長らく俗説と考えられていたのですが、巨根は実際に論文によって科学的なレベルでの証明を試みようとした研究者が続々と現れてきました。

まず、大きさというのは男性ホルモンであるテストステロンの影響を強く受けます。

そして、このテストステロンはペニスだけではなく鼻の大きさにも関わっているという説が出てきたのです。

テストステロンの分泌量が大きくなると、鼻が大きくなるだけではなく大きくなるという根拠です。

このデカチン説も絶対に正しいと言い切ることはできません。

まだまだ研究は発展途上であるためです。

しかし、ギネスを見るとこれからも大きさを予想するための方法を研究する方はこれから出てくるでしょう。

馬鹿にされることもあるギネス級のウドの大木

結局はいくらギネス程でも相手が居なければ意味がない

女性との根本的な違いとして、実は女性の場合は人差し指と薬指を比べたとしても長さはほとんど変わりません。

あるいは人差し指の方が長くなっている方が多いです。

一方で、この場合は薬指の方が長いケースが多いです。

そのため、人差し指の方が薬指よりも長い場合は、ギネスクラスのその方は小さい可能性があります。

目安としては、このレベルでは薬指は人差し指の1.02倍の長さをしています。

これよりもさらに比率が高い場合には、やはり長いことが分かるかもしれません。

アソコの長さに影響を与えるテストステロンは出産前の胎児の時に大量に放出されて、生後まもなくにもたくさんのテストステロンが出ます。

さらに二次性徴の頃から男性ホルモンの量が増えていき、ピークに達するのは17歳から18歳頃のことです。

その後は放出量がどんどん減少していき、巨根は最終的に50代になる頃には若い頃の半分程度の男性ホルモンしか放出されなくなります。

手を見ることによって、それが分かるのは確かに便利かもしれません。

しかし、それを実践する場合は、必ず心の中に自分の予想をとどめておいて、出来る限り口にしないようにしましょう。

あなたのペニスは竿の部分が小さいと思うと伝えてしまえば相手はとても傷ついてしまうでしょう。

あるいは喧嘩にまで発展するかもしれません。

ギネス級のサイズ予測のためにこの箇所を見る方法は一定の効果は期待できますが、完璧なものではないことを理解しましょう。