巨根 外人

やはり長さと太さが全然違う外人のレベル

見たことがない人は外人のものを一度は見ておきましょう

いくら近年、日本人の体格が引けをとらなくなってきたと言っても、そもそも根本的に背や体重だけでなく骨や筋肉の大きさそのものが違うため圧倒的に巨根の割合は異なります。

また、同じヨーロッパやアメリカでも人種によっての差は大きくあります。

筋肉がマッチョの黒人と金髪の白人では、長さも太さも異なります。

アジア人ではそこまで差はありませんが、それ以外とはやはり一目瞭然と言えるでしょう。

ただし、外人と比較して肩を落とす必要もありません。

何故なら、当然のことながら女性もパーツ全てが異なるのですから、特に特別な経験があるわけでは無ければ、あまり気にすることもないでしょう。

日本人では外人には対抗できない?

そもそも外人とは体の作りが異なります

男性にとってとても重要な問題がアソコの大きさです。

女性からすると陰茎の長さがどのくらいだったとしてもあまりデカチンは気にしない方が多いです。

しかし、男性にとっては自分の性器のサイズが大きいか小さいかは基準はなくプライドの問題となります。

自分が他の人達よりも小さいことが分かってしまうと多くのケースでは傷ついてしまいます。

逆に自分の性器が平均以上であることが分かると、とても誇らしい気持ちになり満足する方が多いです。

日本人の中でもそれぞれの性器の太さにはかなり差があります。

そうでなくても、人よりも大きい方だと勃起した状態で20センチ近く長さがある方から、小さい方は10センチ未満という方も実際にいます。

アソコの大きさは遺伝や人種によってもかなり異なっているのです。

日本人の場合は勃起した時の平均は13センチ程度とされています。

これは世界的に見ると少し小さい方の部類に入ります。

なんとなくこの結果を予想できたという方も多いでしょう。

たとえば、海外のアダルトビデオを見ていると日本人男性とは異なり、通常時でもまさに外人の驚異的な化け物のような巨根のペニスを持っている男優がたくさん出てくるからです。

そのため、特に欧米人や黒人は大きいと考えている方は多いでしょう。

女性がみんな外人くらいを求めているわけではない

女性も経験人数が少なければ外人クラスは厳しい

アソコが大きい人達として、まずアフリカのスーダンの成人は勃起時が約18センチほどとされています。

これは平均であり、さらに大きい人がたくさんいることを示しています。

18センチといえば、日本人であればかなりの巨根であるといえるでしょう。

スーダンの人にとっては日本人のアソコはそれほど大きくないのです。

また、アフリカのコンゴの男性も平均が約18センチとなっています。

南アメリカにあるエクアドルでも約18センチのとなっており、外人の南米やアフリカに住んでいる人達は比較的、通常よりも大きいことが分かります。

黒人が最も大きいという傾向があるのですが、そうなってしまう理由とはなんでしょうか。

まずは遺伝的な要因が大きいと考えられます。

したがって、ペニスの大きな人がより多くの子孫を残せば、当然、子供達も大きくなりやすいです。

そして、黒人の場合は文明が未発達であり、狩猟民族であることが大きいため、体の大きな人が生存に有利となります。

当然、女性も体の大きな男性の方が自分や子供を守ってくれるため好むでしょう。

体が大きいということはサイズも大きいことが多いです。

このような理由によってデカチンが黒人に多いと考えられます。

男性の象徴である場合が大きいことが外人が強いことにつながるというイメージがあるという理由も考えられます。

外人並みなら積極的にアピールしましょう

消極的なネガティブな男性が外人ほどあっても多い理由

ペニスの小さな人達は、逆に日本よりもさらに小さいのはどこでしょうか。

基本的にアジアはのサイズが小さめというデータが得られています。

外人と比較してもアジアの中では日本人は大きな巨根と言える方なのです。

順位としては、日本の次に中国や台湾がいて、さらにインドや北朝鮮があり、最も小さめなのは韓国というデータがあります。

どうしてアジアの人達が小さいのか理由ははっきりとしていません。

基本的にアジアは農耕民族であることが多く、体の大きさも黒人や白人に比べると小さな人が多いです。

農業を営むためには体の大きさはそれほど重視されず、協調性やコミュニケーション能力といった要素がかなり重視されます。

そのため、アジアの女性はのデカチンかどうかサイズを気にしないという傾向があるのかもしれません。

その結果として、サイズが小さめであるという考え方もできるでしょう。

あまり外人のサイズにはこだわらない方が良いです。

男性はとても気にしていますが、多くの女性はまったく気にしてないからです。